cat-02.jpg
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< スタッフ募集のお知らせ お店を再開しました >>
オジロさんのかご
今年の春に展示をご一緒させて頂いたおじろ角物店さん
おじろ夫妻とは面識もなく、この時初めてお会いしました。
それでもどこかでカゴだけは拝見していて、ギャラリーさんから企画を頂いた時、
お会いするのが楽しみだなと、ただそれだけだった気がします。

プロダクトでありたいと、オジロさんは言います。
そうはいってもオートメーション化された中でつくれるものでもなく、
結局は人の手の中で地味な作業の繰り返し。
出来るとすれば、効率をあげることくらい。


竹藝は民藝として昔からあるものです。
でも今は、使う用途は人それぞれ。


細部まで美しくつくられています。


最後に誇りを焼きつけて。

それぞれの形で日常にあってくれればいいという思い。
いつかヴィンテージになったカゴや帽子を目にすることができれば、
顔を見合わせてにんまりです。